トップ / インターネットがない時間

パソコンとネットの情報

インターネットの依存症を防ぐ 

パソコンは、今や一家に一台と言っても良いほどに普及し、インターネットを活用して、お買い物を楽しんだり、色々なことを調べる方が大勢います。とても楽しくてついつい夢中になって何時間もやってしまうものですが、膨大な情報量を持つ世界で、調べたりしている間にも常に新しい情報が更新されていくと言っても良いほどで、全部に目を通すことは不可能と言って良いでしょう。インターネットは、そんなキリがない世界ですから、やめ時が見つからず依存症になる可能性もあります。色々なことがおろそかになりがちで、惰性でついついどうでもいいニュースを追ってしまうなどして、時間をたくさん浪費し、健康を害する恐れもありますので、適度な時間という意識を持ちながら、依存しぎないことが大切です。

インターネット依存に注意 

インターネットは、天気や地図、路線、時刻表、日々の社会のニュースなど、何かを調べたい時にとても便利なものであり、今や生活の中で欠かせないと言っても良いほどの物ですが、使い方を誤ると依存症になり、多くの時間を浪費してしまうことがあります。また、インターネットは、小さな文字のページや動画の視聴などがあり、長時間見入ってしまうことでとにかく目を酷使しますから、過度の利用により視力の低下や肩こりなど、健康面への良くない影響も考えられます。娯楽も色々と必要ですが、色々なことに悪い影響がでないよう、落ち着いて節度ある利用を心がけることが大切と言えます。

インターネット,引用